あざらしのひと

990円(税90円)
定価:990円(税90円)

DETAIL

<asokamo by neconos ショップ先行予約受付中>
こちらは予約注文商品です。11月下旬の発送となります。
一般発売は12月3日(金)予定
【ためし読みはここをクリック

ISBN978-4-9910614-9-3
文庫版 128ページ(予定)
刊行日 2021年12月3日予定

【内容紹介】
月刊ファッション誌「GINZA」(マガジンハウス)で、2年にわたって連載された浅生鴨のコラム「ゆるゆるジャージ魂」を文庫化。

日常生活の中で見かける、ちょっとおかしな行動をとる人たちを、独自の視点でゆるく優しくとりあげた軽妙コラムに、表題作「あざらしのひと」ほか新たに書き下ろしを加えてまとめた1冊。

頼まれてもいない店の手伝いを始める「勝手の人」、何かと話を大きくしてしまう「エキサイター」、なんでも論理的に白黒つけないと気が済まない「ロンリー・ボーイ」、慣れないオンライン会議で突然姿を消す「忍者の人」などなど。

捉えどころがあるようなないような、著者ならではの観察と妄想の数々は、手に取る人をきっとニヤリと笑わせてくれるはず。

【著者について】
浅生 鴨(あそう・かも)
1971年、神戸市生まれ。たいていのことは苦手。2013年に『群像』(講談社)で発表した初の短編小説『エビくん』が高い評価を受けたことで、本格的に執筆を開始。主な著書に、『中の人などいない』『アグニオン』『二・二六』(新潮社)、『猫たちの色メガネ』(KADOKAWA)、『どこでもない場所』(左右社)、『だから僕は、ググらない』(大和出版)、『雑文御免』『うっかり失敬』(ネコノス)、自身が編集長を努める同人誌『異人と同人』『雨は五分後にやんで』などがある。テレビドラマ化もされた『伴走者』(講談社)は第35回織田作之助賞候補となった。座右の銘は「棚からぼた餅」。

ショッピングガイド

SHIPPING 配送・送料について

ゆうパック(ゆうメール、クリックポスト併用)

RETURN 返品について

不良品
商品到着後速やかにご連絡ください。商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承ください。
返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。

PAYMENT お支払いについて

クレジット
Amazon Pay
楽天ペイ
銀行振込(バーチャル口座)